HOME > お知らせ

お知らせ

身の回りの食べさせてはいけないものにご注意ください。

20190125084441-5ca635fcdbe549f6b2051e81dbdd2b39f34cc5dc.pdf

新年明けましておめでとうございます。寒い時期は尿石症にお気を付けください。

20190101151549-8b49a9385c23a4d590d685b3cab1a44e08b04588.pdf

乾燥の季節は耳のケアにお気を付けください。

20190101151412-fc60e869cb6e36cd0769bf20976c22d1b5b39170.pdf

今月は動物愛護週間があります!

20180904151007-3a2ee8c319fb7c7df2239097f08aad0f0c48b487.pdf

皮膚病に注意!

20180729152444-165cc1aba21dddef823fe64cd153a1b96ec99cef.pdf

熱中症に気を付けてください!

20180703150736-41cadc54f83671d0a6a6ffac795a47dc1782068c.pdf

わんちゃんのはみがき!

 みなさんのお家のわんちゃんは毎日ハミガキができていますか?わんちゃんも人間と同じように歯周病(歯肉炎、歯周炎)になってしまうことがあるんです。歯周病になると、よだれがいつもより多くなったり、お口の臭いが強くなる、くしゃみがでるなどの症状があらわれます。ひどくなると歯茎が膿んでしまい皮膚に穴が開きそこから出血してしまうことがあります。毎日のハミガキは大変だとはおもいますが、わんちゃんの歯の健康のためにもハミガキを積極的にしてあげましょう。

肥満について考えよう!その5

肥満傾向が高い犬種は、ミニチュア・ダックスフンド、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、
シー・ズー、ビーグル、パグ、シェルティー、キャバリアなどのわんちゃんです。
もちろんこの他のわんちゃんも肥満になりにくいわけではないのでしっかり体重の管理をしてあげましょう。

肥満について考えよう!その4

体重が増加して肥満になる原因は、さまざまですが「カロリーオーバーによるもの」と
「病気が原因のもの」に分けられます。
主な原因は、食べすぎ、運動不足、避妊・去勢、老化などです。
ご飯の量は適切なのに体重が増えている、短い期間で体重が急激に増えた、体重は変わらないのに
おなかがふくらんでいる、などは重大な病気のサインかもしれません。

肥満について考えよう!その3

肥満になると、関節や心臓への負担が増えるだけではなく糖尿病や内臓の病気のリスクも
増えてしまいます。また、皮下脂肪が多ければ多いほど熱が体から逃げにくくなり熱中症の
危険性も高まります。


123

アーカイブ

このページのトップへ
このページのトップへ