365日 年中無休!
当院は渋谷区笹塚にある
アリーズ動物病院 の姉妹病院となります。

『動物病院うみとそら』の院長の助川昭宏です。

『うみとそら』という名前は、私たちを癒してくれる雄大な自然をイメージしています。
気持ちが落ち込んだときや体調が良くないときに、海や空を眺めることで、元気が出たり体調が好転したりすることがあります。この名前には、わんちゃん、猫ちゃん、そして飼い主の皆様が『うみとそら』に訪れることで癒されるような、温もりのあるケアをしたいという獣医師としての気持ちが込められています。
ですから、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。誠心誠意、わかりやすく、丁寧な対応でお答えいたします。

現在の獣医学のレベルは、各分野の専門医により確実に進歩、発展しています。その結果、今までは治すことができなかった多くの病気が治せるようになってきました。
当院では、各分野の専門医とネットワークで繋がり、専門病院や大学病院に行かずに、最先端の外科手術や、専門医の意見をふまえた診療ができる体制をとっています。

『うみとそら』では、動物たちが、例え不治の病だったとしても、その子にとって、本当に必要なことは『最先端の高度医療』なのか『ホスピス』なのかを充分に話し合い、最後まで『寄り添う医療』を徹底していきます。
その姿勢は犬や猫に限らず、フェレットやウサギ、小鳥やカメなどのエキゾチックアニマルの診療にも同様に生かされております。

私たちは日々、かわいい動物たちに癒されて生きています。
そんなかけがえのない動物たちと飼い主様を一緒に癒していくこと、『うみとそら』がそんなアニマルヒーリングの場であることをめざしています。

最愛なる動物たちと飼い主様の健康と幸せを守るため、動物病院うみとそらは日々努力してまいります。

  • 院長経歴
    ○ 麻布大学 獣医学部獣医学科卒業

診療時間

 
9:00~12:00
16:00~19:00
どうぶつ健保対応医療機関
エキゾチック外来
高度専門医療
夜間救急診療
アニマルヒーリング

お知らせ

 『動物病院 Doctor's File 街の頼れるペットのお医者さん』に動物病院うみとそらが選ばれました!!
  インタビューが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

渋谷区・世田谷区・杉並区・中野区の犬、猫、ウサギ、フェレット、鳥、小動物の病気は動物病院うみとそらへ

フィラリアの予防は12月までなので、毎月きちんと予防してあげましょうsunNew
ノミ・ダニの予防は5月~11月までなので、月1回忘れずにお薬を垂らしてあげましょう。ノミ・ダニのお薬は1年中使っていても大丈夫なので心配な方は12月~4月の間も予防をしてあげるのも良いですね。
  だんだんと寒くなり、秋の深まりを感じますねmaple季節の変わり目は体調をとても崩しやすいので、気をつけましょう。
黒っぽい耳垢や、お耳からいつもと違うにおいがしたり、頻繁にお耳をかいていたりしませんか?このような症状が見られたら、マラセチアが原因の外耳炎かもしれません。なかなか気づきにくいとは思いますが、ひどくなってしまう前に早めに病院に行き、治療をしていきましょう。
私たち人と同じようにのわんちゃんねこちゃんにも花粉症(アレルギー)があることをご存じでしょうか。わんちゃんの花粉症(アレルギー)は、人間のように鼻水やくしゃみといった症状ではなく、体のかゆみや発疹などの症状があらわれます。体を掻きすぎてしまって炎症を起こしてしまうこともあります。花粉症を予防するためにもシャンプーを定期的にしてあげましょう。
4月に入り、あたたかい日が続きようやくお散歩がしやすいお天気になってきました
 今月から狂犬病の予防が始まりました。大切なわんちゃんを守るために忘れずに狂犬病の予防をしましょう。
○ 桜の開花宣言も発表され、だんだんと春を感じられるようになってきました。ノミやダニも気温があたたかくなり活動的になってきます。ノミやダニの予防は、液体のお薬をわんちゃん、ねこちゃんの首の後ろに垂らすだけで予防ができるので、大切なペットちゃんをノミやダニから守るためにしっかりと予防をしていきましょう。
動物病院うみとそらでは、フェイスブックをはじめました♪♪姉妹病院のアリーズ動物病院もフェイスブックをはじめたので、ぜひ検索してみてください!!
冬は空気が乾燥するため呼吸器系の病気にかかりやすくなります。ウイルスは低温や低湿度を好み感染力が高まります。逆に動物さんの鼻の粘膜やのどの働きは弱くなってしまい、ウイルスや細菌に対する抵抗力が落ちてきてしまうので十分注意しましょう。ウイルス感染症のなかには命にかかわるものもあるので、ワクチンをまだ接種していないねこちゃん、わんしゃんは感染予防のためにもワクチンをきちんと接種しましょう。
○ 寒くてついついお散歩をなまけてしまいがちになってはいませんか?
わんちゃんの健康のために冬も適度な運動は大切です。冬は防寒のために体が脂肪を溜め込みやすくなっています。暖房の効いているあたたかいお部屋にいると、体温を維持するエネルギーをあまり使いません。ここでお散歩をなまけてしまうとますます肥満へと近づいていってしまいます。肥満にならないためにも暖かい時間帯やお洋服で防寒対策をしてお散歩を楽しみましょう。

○ 猫ちゃんの健康診断キャンペーンがご好評につき、1月31日まで延長になりました!!愛猫ちゃんの健康チェックをぜひこの機会に
 明けましておめでとうございます。
多くの命の癒しの空間でありますよう、スタッフ一同努力してまいります。
本年もよろしくお願いいたします。
寒さもまだまだ続きます。冬に多い病気には特に気をつけていきましょう。
○ いよいよ寒さも厳しくなり、今年も残すところわずかとなりました。
皆様が良い年をお迎えできますようスタッフ一同心よりお祈り申しあげております。
○ 動物病院うみとそらでは、12月からトリミング・シャンプーのポイントカードをはじめました!!
ポイントが貯まるとトリミングorシャンプーが割引になりとってもお得なので、みなさんぜひご利用ください♪♪
詳しくはブログをご覧ください
動物病院うみとそらでは12月6日から来院された方にわんちゃん、ねこちゃんどちらかおひとつカレンダーを配布いたします。毎年大人気で、すぐなくなってしまうのでお早めに♪♪
動物病院うみとそらでは、ただいまねこちゃんの健康診断キャンペーン中です
年末までの期間限定で、お得なセットで血液検査ができちゃいます!!
若くて元気いっぱいのねこちゃんなら、健康な時の血液検査のデータが病気の早期発見につながりますし、
7歳以上のねこちゃんなら、行動の変化は老化ではなく病気のサインかもしれません。
若いねこちゃんなら、1年に1回、7歳以上のねこちゃんなら半年~1年に1回と定期的な血液検査を
していけたら良いですね♪♪
 秋から冬にかけて多いわんちゃん病気は膀胱炎です。膀胱炎は、血尿、おトイレに頻繁に行く、おしっこが出にくいなどの症状があらわれます。膀胱炎に早く気付いてあげられるように日頃からおトイレに行く回数やおしっこの色をチェックしてみましょう。膀胱炎は男の子より女の子の方が発症しやすいと言われています。女の子は特に注意してみてあげましょう。
 わんちゃんのはみがきをしよう!!その4
歯ブラシに慣れてきたら、いよいよ歯を磨いてみましょう。まずはその3と同じように前歯からやさしく磨いていきます。ゆっくり奥歯まですすんでみましょう。磨き方は、歯茎と歯の間を磨くイメージで、ホウキで掃くようにやさしく前後に動かします。はみがきは1日1回行うことで歯の汚れを落とすことができると言われているので、わんちゃんも人と同じように毎日はみがきをしてあげましょう。

わんちゃんのはみがきをしよう!!その3
次は歯ブラシをお口にあてることに慣れていきましょう。最初は、お水やぬるま湯でぬらした歯ブラシをお口を閉じたまま歯の表面にあててみましょう。この時も嫌がるようなら缶詰の汁などを付けてチャレンジしてみてください。前歯から奥歯へとゆっくり慣れさせていきます。歯ブラシは毛が柔らかく、ブラシの部分が小さいものか、わんちゃん用の歯ブラシを選ぶと歯を磨きやすくなります。
わんちゃんのはみがきに挑戦!!その2
お口のまわりに触られることに慣れてきたら、次のステップに進みます! 水やぬるま湯に濡らしたガーゼを指に巻きつけて、歯の表側をやさしくマッサージしていきます。嫌がってしまうわんちゃんには、缶詰の汁などで少し味を付けてあげた方が良いかもしれません。歯の表側のマッサージに慣れてきたら、歯の裏側もやさしくマッサージしていきましょう。
わんちゃんのはみがきに挑戦!!その1
まず、お口のまわりや歯に触れることに慣れてもらいましょう。ごほうびのおやつを準備し、ごほうびのにおいを嗅がせながら口元にやさしく触れてみましょう。少しでもわんちゃんが触らせてくれたら、たくさんほめてあげながらごほうびをあげます。口元に触れることが嫌なことではないことを教えてあげましょう。これを繰り返し口元に触っていられる時間を徐々に長くしていきます。触っていられる時間が増えてきたら、前の歯、奥の歯、歯茎の順でやさしく触ってみましょう。
わんちゃんは虫歯になりにくいと言われていますが、歯に歯石や歯垢がたまって歯周病になってしまうことがあります。歯周病がひどくなるとお口が痛くて食欲が減ってしまったり、さらに歯周病が進むと歯茎が膿んでしまい皮膚に穴が開いてしまい、そこから出血することがあります。歯周病を予防するためにわんちゃんも毎日ハミガキをしてあげましょう。ハミガキがあまり得意でない子はガーゼなどで歯を拭いてあげるだけでも効果はあります。ハミガキが終わった後は頑張ったね!と、たくさんほめてあげましょう。
熱中症は、冷房や換気のないお部屋や車の中での長い時間のお留守番、日の出ている日中のお散歩などです。また、少しぽっちゃりの子や、短頭種と言われるパグちゃんやペキニーズちゃんなどのお鼻の短い子、心臓の病気を持っている子も熱中症になりやすいです。冷房のきいていないお部屋や車の中でのお留守番は避け、お散歩も涼しくなってから楽しみましょう。
日に日に暑さが厳しさを増してきましたね。この暑い時期は熱中症になりやすいです。動物も人間とおんなじで熱中症になるんです。熱中症になってしまうと、口を開けてはぁはぁと呼吸したり、よだれがだらだらと垂れてきたり、重度の熱中症になると呼吸困難や吐血、血便などの症状があらわれます。もし熱中症になってしまったら、体を冷たい濡れタオルや氷などで冷やしてあげながらすぐに病院に行きましょう。熱中症になってしまう原因は、冷房や換気のないお部屋や車の中でのお留守番、日中のお散歩などです。また、太り気味の子や、短頭種と言われるパグやペキニーズなどのお鼻の短い子、心臓の病気を持っている子も熱中症になりやすいです。冷房のきいていないお部屋や車の中でのお留守番は避け、お散歩も涼しくなってから楽しみましょう。
 ノミやダニの予防はノミやダニが活動している5月~11月までです。月に1回わんちゃん、ねこちゃんに忘れずにお薬を垂らしてあげましょう。ノミやダニのお薬は1年中使っていても大丈夫なので心配な方は12月~4月の間も予防をしてあげても良いですね♪♪
 7月に入って、もうすぐ夏本番ですね。暑くなるにつれて蚊を目にすることも増えてきたのではないでしょうか。フィラリアの予防は12月までです♪毎月1回きちんとお薬を飲ませてあげましょう。
 以前お知らせした、いぬのきまちの記事をブログに載せたのでぜひチェックしてみてください
○ 動物病院うみとそらでは新商品『メタボリックスビスケット』の発売をはじめました♪♪
・ダイエットをしている
・体重が気になる
・リバウンドが心配
だけどおやつが食べたい!!そんなわんちゃんねこちゃんにおススメです♪
ただし、1日のお食事の量が増えないようにいつも食べているお食事の量を少し減らしてあげましょう。

わんちゃんだけの病気と思われがちなフィラリア症ですが、まれにねこちゃんにも感染してしまうことがあります。フィラリア症に感染すると、咳や呼吸困難、嘔吐や下痢の症状があらわれます。なかには症状のあらわれないねこちゃんもいるので、わんちゃんと同じようにねこちゃんもきちんとフィラリア症の予防していきましょう。
 いぬのきもちの記事を近日ブログでご紹介するので、しばらくお待ちください♪♪
いぬのきもちの6月号に動物病院うみとそらの記事が掲載されているので、みなさんぜひ読んでみてください♪♪
だんだん暖かくなりフィラリアの予防の季節になりました。蚊から感染するフィラリア症は、わんちゃんの心臓に寄生する怖い虫です。フィラリア症になってしまった場合、咳がでる、元気がなくなり寝てばかりいる、お腹が膨らむなどの症状があらわれます。毎月1回お薬を飲むだけでフィラリア症は予防できるので、わんちゃんを怖いフィラリアから守るために、しっかりとお薬を飲みましょう。
食欲不振について知ろう!その3
食欲不振の原因は大きく『食欲がなくて食べない状態』と『食欲があっても食べられない状態』
の2つに分かれます。また、身体が病的ではなく正常でも起こることがあります。
普段からお食事を十分に与えられている場合や、好き嫌いの多い子、運動量の足りていないことで
お食事への興味が低い子でみられます。
家族が増えた、結婚、お引っ越しなどでも食欲不振になることがあります。

動物病院うみとそらで、『ねこさん、小動物さん専用ゾーン』を作りました。
入口から入って奥の方がねこさん、小動物さん専用ゾーンがあります。詳しくはブログをご覧ください。
みなさんぜひご利用ください!!
食欲不振について知ろう!その2
食欲不振はたくさんの病気の初期症状としてあらわれます。
動物さんの様子から食欲不振の原因を推定できることもあるのですが、
原因は胃や腸だけではなく全身に関連していることが多いのです。X
みなさんは、逆くしゃみというのをご存じでしょうか。
逆くしゃみは少し苦しそうにフガフガといいながら、首をのばしお口は閉じたまま鼻から息を強く吸い込む動作が10秒くらい続きます。ほとんどの子はその場から動けなくなり、涙を流すこともあります。症状が終わるとなにもなかったかのように元気に動き回ります。1歳未満の小さい子や、短頭種でよくみられますが大きくなるにつれて逆くしゃみはなくなっていきます。
もし逆くしゃみがおこってしまった時は、落ち着いて胸やのどを優しくマッサージしてあげましょう。
また、逆くしゃみだと思っていても違う病気の可能性もあるので、頻繁に症状が出る場合は早めに病院へ行きましょう。

○  動物病院うみとそらでは、パピーパーティーを開催しております。
パピーパーティーは1歳未満のわんちゃんを対象に行っています。わんちゃん同士でのあいさつの仕方や待てやお座り、簡単な障害物を飛び越えるゲームなど、わんちゃんも飼い主様も楽しみながらしつけを教えることができますパピーパーティーに参加してみたい方や興味のある方はスタッフまでお声かけください。パピーパーティーの様子をブログで紹介しておりますのでぜひチェックしてみてください♪♪
○ 東京メトロ丸ノ内線の方南町駅と京王井の頭線永福町駅それぞれから、徒歩10分の場所にあります。
 当院では、血液検査、レントゲン検査、超音波(エコー)検査、心電図検査、内視鏡検査、内分泌(ホルモン)検査などを行うことができます。
 5歳を過ぎたワンちゃん・ネコちゃんは年に1度の健康診断(ペットドック)をおすすめしています。
○ 輸血のための血液ドナー登録をお願いしています。
 トリミング・ペットホテルなどでお預かりの動物たちのかわいい写真をブログに掲載しています。
  随時更新中ですので、ぜひご覧ください。
 当院のfacebookページができました。院内写真などを掲載していますので、ぜひご覧ください。

アクセス情報

map
住所 東京都杉並区和泉3-60-12 一階
TEL 03-3327-1222

Facebook

アクセス

東京都杉並区和泉3-60-12 
一階
【診療時間】
9:00~12:00 16:00~19:00
年中無休

  • RSS配信
  • RSSヘルプ