HOME > 動物別症例集 > 爬虫類 > 爬虫類両生類の代謝性骨疾患(MBD)

動物別症例集

< フェレットの異物による腸閉塞  |  一覧へ戻る  |   フェレットの耳血腫 >

爬虫類両生類の代謝性骨疾患(MBD)

概要
主に爬虫類や両生類にみられる病気で、偏食のフクロモモンガでみられることもあります。
くる病や骨軟化症という骨疾患を引き起こすこともあります。

原因
低カルシウム血症が原因とされ、栄養不均衡(低カルシウム、高リン、ビタミンD不足)や、紫外線が必要な種では照射不足により起こります。

症状
成長不良や食欲不振、骨の菲薄化などが主な症状です。重度になるとけいれんを起こしたり、骨格が変形したりします。カメの場合は甲羅の変形やクチバシの過長がみられます。

治療
まずは飼育環境の見直しが必要で、症状に応じてカルシウムの注射や内服薬が必要な場合があります。

ギャラリー


カテゴリ:

< フェレットの異物による腸閉塞  |  一覧へ戻る  |   フェレットの耳血腫 >

このページのトップへ
このページのトップへ