HOME > 動物別症例集 > > 猫の中手骨骨折

動物別症例集

< フクロモモンガの自咬症  |  一覧へ戻る  |  フトアゴヒゲトカゲの全身性微胞子虫症 >

猫の中手骨骨折

 中手骨とは人間の手の甲の骨にあたる部分で、高いところから落ちた・隙間に挟んでしまった・踏んでしまったなどが原因で骨折してしまうことが多いようです。骨折の状態によっては外固定のみで経過をみることもありますが、主な治療法は全身麻酔下でのピンによる整復術になります。術後はギプス固定による包帯が必須で、1~2か月後にピンを抜去します。

ギャラリー


カテゴリ:

< フクロモモンガの自咬症  |  一覧へ戻る  |  フトアゴヒゲトカゲの全身性微胞子虫症 >

このページのトップへ
このページのトップへ