HOME > 動物別症例集

動物別症例集

リクガメの陰茎脱

リクガメの陰茎脱

交尾の際に使用する陰茎が出っぱなしになってしまう病気です。
仲間のリクガメなどに陰茎を噛まれてしまったり、床で傷つけたり、腫瘤などの問題があったり、
原因はいろいろあるのですが、陰茎がずっと戻らない場合は外科的に切除を検討しなければならない状態です。

リクガメの陰部から何かが出てきた場合には、
それが何者なのか?根本的な原因は何かないか?
確かめた上で処置が必要となります。


猫 心筋症

猫の心筋症

猫の心筋症は、症状が出ないことも多いのが難しい病気です。
健康診断や少し調子悪そうという状態で調べてみたら心筋症が発覚するという例もよくあり、
症状が出るころには胸に水が溜まってしまったり、血栓が詰まって致死的な状況になっていることもあります。

また、心筋症の種類も多く
いろいろな検査を組み合わせて診断していく必要もあります。

病気なのに、症状が出ず、気付いた時には手遅れになっていることもある恐い病気のため
健康診断などで定期的にモニターしていくことが大事な病気とも言えます。


猫のアレルギー性皮膚炎

猫のアレルギー性皮膚炎

猫ちゃんの皮膚に脱毛や赤みが出たり、痒みが出たりする病気の一つです。
眼の上や耳など顔回りに症状を示すことが多く、中々治りにくかったり、季節性に再発を繰り返したりすることもあります。

アレルギー疾患の一つなので、他の皮膚病の原因(寄生虫や感染、腫瘍など)を除外した上で診断する必要があるため
確定診断には様々な検査が必要になります。

さらに抗原(アレルギーの原因)として、ノミや食事など、
何に対するアレルギーなのか確認していくには食事を変えてみたり、試しに駆虫薬を使ってみたり
いろんなアプローチが必要になります。

また、食事でもノミでのない原因のアレルギー性皮膚炎として、
「非ノミ非食物アレルギー性皮膚炎」というものもあります。

いずれにしても、
猫ちゃんが痒くて、生活の質が落ちる病気の一つのため、
原因を調べて症状を抑えるための治療を始めることが大切です。


犬の骨盤骨折

犬の骨盤骨折

骨盤骨折は犬のお尻から股の辺りにある骨盤という骨が折れる病気です。
骨盤の周囲は様々な筋肉などで守られているため、簡単には折れないのですが、交通事故や落下などの大きな衝撃が加わると折れてしまうことがあります。

症状として、
歩行に異常が出たり、骨盤周りが狭くなることでうんちを出しにくいなどの異常が出ます。

今回の症例では、骨盤の骨の位置を正しく合わせて、プレートとねじを用いて治療を行いました。

やっていることは骨折の治療にはなるのですが、骨盤骨折の場合は大きな力が本人に加わった可能性があるため、内臓器に異常がないか、他の骨折も併発してないかなど広く検査を行う必要があります。


ウサギの肝葉捻転

ウサギの肝葉捻転

肝葉捻転とはウサギさんの救急疾患の一つで
肝臓という臓器がねじれてしまう病気です。

症状としては、胃腸のうったいの時と同じような症状
具体的には、食欲不振、元気低下、便の減少、腹痛、軟便などが出ます。

検査によって、単純な胃腸のうったいではなく、肝葉捻転を疑う場合は手術が必要になります。
繰り返す胃腸うったいや、反応が悪いうったいの場合には血液検査などの検査もオススメいたします。


ネコの尿管結石

ネコの尿管結石

一見凄く小さな石ですが、ネコちゃんの尿管にこんなものが詰まったりすることがあります。

おしっこが出なくなったり、けいれんしちゃうなどの重たい症状が出ることもあれば
元気食欲が低下する症状だったりすることもあります。

血液検査や画像検査で実際に詰まっているのか?
場所はどこなのか?
腎臓の機能は落ちていないか?
など検査を行ったうえで、必要に応じて手術で取り除いたりします。

術後も、石の成分によっては溶かすための食事を使ったり、
尿・腎臓の定期的なチェックなどが必要になります。


トリのトリコモナス症

トリのトリコモナス症

トリさんの健康診断でそのう検査をしているとこんな見た目の原虫が出てくることがあります。

細長い見た目で鞭毛という長い毛が見えることからトリコモナスを疑う原虫です。

幼いトリさんで良く見られるこの原虫ですが、
症状として、吐き気であるとか、口を気にする様子とか、あくびであるとか、食欲不振といったことがみられることもありますが、
症状が出ていないこともあります。

早めの検出や他の子に移さないために、
健康診断でそのう検査もすることをオススメいたします。


ハリネズミの後肢の絞扼

ハリネズミの後肢の絞扼

ハリネズミさん達、小動物で床の近くを歩き回る子達は
足に糸状のものを絡めてしまうこともあります。

糸が絡むことで、足先に血が行かなくなってしまうと
壊死してしまうこともあるため、
早めに絞扼部位を解除してあげることが大事です。

絡んだ糸を外して、足先に血流が戻れば
傷が治って元通りになることもありますが、
血流が戻らなかったり、自分で噛んでしまったりする場合には
断脚が必要になることもあります。


ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全

ヒョウモントカゲモドキさん達を含む
爬虫類の多くは脱皮を行い
表面の皮膚を脱いでいくことで
新しい皮膚に変わっていきます。

しかし、
脱皮が上手くいかず、
身体に残ったままになってしまうこともあります。
そうなってしまうことを「脱皮不全」と言います。

上手く脱皮できず残ってしまった皮は
しだいに乾燥し、固くなっていきます。
そして、脱皮片が指先などに残ってしまった場合は
指先を締め付けてしまい、壊死させてしまうこともあります。

また、眼の中に残ってしまった場合は
眼を開けることが出来なくなってしまい
ご飯を食べられなくなることもあります。


原因としては、
湿度不足などの環境の問題や
火傷・外傷など病的な問題などが考えられます。


治療としては、
残ってしまった脱皮片を取り除くとともに
根本的な原因への対処も必要となります。


カメ(リクガメ)の嘴過長

カメ(リクガメ)の嘴過長について

カメは歯の変わりに嘴を持ちます。
嘴は伸び続けますが、嚙み合わせが良い子は上手く削れていき
適切な嘴の形に保たれています。

一方、
食餌の問題や病気(肝疾患、代謝性骨疾患、口内炎、外傷、ビタミンA欠乏、タンパク過剰、繊維質不足など)が存在すると
嘴の適切なかみ合わせがズレてしまったり、伸び方に異常が出てしまいます。
その結果として、嘴の過長が起こってしまいます。


嘴過長になってしまったカメさんでは
根本的な問題(飼育、栄養や病気)の解決とともに嘴の整形を行う必要があります。


外貌の異常から病気や飼育・食事の問題を解決できる機会にもなりますので
異常に気付かれましたらご相談ください。


123456789

このページのトップへ
このページのトップへ